相性占いで婚活

相性100パーセントの人に巡り逢えるのは今日かもしれない

pick up!



外国での占いのあり方

3973e1de627bf4e97c9f149f411e5dd3

日本人と占いは古くから結びついており、その歴史は非常に長いものになっています。しかし、これは必ずしも日本だからこその現象とは限りません。日本に限らず、占いが文化としてしっかり根付いている国は数多くあります。未来を知りたい、自分の人生をより良い方向へ導いてほしいという気持ちは、今も昔も、どこの国でも変わらないものですもんね。各国で様々な占いが編みだされ、発展し、根付いてきました。その多くは日本にも輸入されており、今日の私たちの占いライフをより多種多様なものにしてくれています。
しかし、諸国と日本における占いの有り方で、異なる部分もあります。その代表的な違いが「宗教」と占いの関係です。インドやスリランカなど、東南アジアにおける占いは、宗教の延長線上に存在していると言えるほど、宗教と密接な関係があります。日本における占いは、テレビのテロップや雑誌のページを見ても明らかなように、宗教とは完全に切り離されて存在していますよね。
占いを行う「占い師」にもその要素があります。インドなどの宗教色が強い国では、占いの場は一種の布教活動です。宗教者が占い師として占いを行い、その結果を告げるとともに「〜〜神に祈りなさい」「〜〜神に捧げものをしなさい」等のアドバイスを送ります。こういった国における占いは、最終的に神の御加護を求めるという結論に至ることが多いようです。

普段から

de3d3d963b24ef32ab646f78db8599da

占いはもう私たちの日常生活に入り込んでいます。
例えば、雑誌ではジャンルを問わず、なにかしらの占いは載っていますし、出勤前のニュースでは、必ず「今日の占い」をやります。面白半分でも見てしまう方は多いのではないでしょうか。良い事を言われれば何となく嬉しくなりますよね。女性が興味を持ちやすい物ではありますが、あまり興味の無い男性であっても朝イチバンに無料占い第一位、と言われればなんとなくいい気分になれます。未だ着替える前にラッキーカラーを言われたらその色のネクタイや小物を身につけてみたりするものです。やはり一日ラッキーに過ごせればそれにこした事は無いですし、そんなに幸運が訪れなくとも、悪い事が起きなければ良い一日です。
日常生活になじむとはそういうものなのかな、と思います。無くても別に困らないけれど、あると少し幸せになれたり、新鮮な気持ちになれます。そんな風にすこし気持ちが前向きになれたり、明るくなるという、今の関係性が一番良いのかもしれませんね。

アーカイブ

カテゴリー

管理人

小林 実

Copyright© 2014 相性占いで婚活 All Rights Reserved.